仕事が続く人=すごい。続かない人=ダメな人。

そんなイメージが浸透している世の中。

最低、次の転職を考えると三年は同じ職場に居た方が良いと言われる。

解ってても続かないから自分はダメ人間だと思ってない? 実は仕事が続かないのは、あなたが悪いんじゃない。

仕事を続けるということ、仕事を続けられないということを深堀して、どうしたら仕事が続くようになるか?を書いていこうと思う。

仕事を続けるということ

仕事が続けられるってどういう状況なのか?

まずはそこから、深堀していこうと思う。 パターンとしては3つある。

仕事を諦めている人(条件で選んでいる人)

公務員の方や、安定企業に多いイメージだけど、仕事は仕事、遊びは遊び。

完全に切り分けている人。

今のところ最低限生きていけて、好きなこともできているので続けている。

仕事に楽しみは無く、仕事の人間関係も仕事と割り切っているので、何が嫌なことがあっても会社員という自分を演じている。

書いてて思ったけど、自分もかつてそうだったな~と思う。

これって、続けることができても、あんまり幸せじゃないよね。

人間関係が良い会社環境

会社でのチーム仲がめっちゃ良い。

上司や同僚・後輩などに恵まれ、楽しみながら仕事をしている。

一見、理想のように見えるけど、実は会社という組織には罠がある。

そう、転勤や部署移動。

それまでの環境が一変すると、やる気を失ったり、辞めていったりする。

環境が良いことは素晴らしいけど、そこに依存してしまうと、環境が崩れたときに、自分も崩れてしまう。

やりたいことができている人

自分のやりたいことと、仕事が一致している人。

やりたいから努力も楽しい努力をして、結果も出て評価もされて、仕事が楽しいしお金も頂ける。

これができている人って本当に少ない。

正直、みんなの周りにいる?でも、これができたら理想だよね。

仕事が続かないということと、続けるようにするには?

給料が少なくて生活ができない、人間関係が最悪、というような当たり前の条件以外で辞めている理由って何だろう?

それって、本当にやりたいと思える自分の感情の部分と、会社や事業部、チームなど場の理念をリンクさせていないから。

そして、それは現状の自分で考えるのはNGで、自分の想定の外の自分で考えなくてはいけない。

自分のゴール設定と、会社やチームという場のゴール設定をリンクさえできれば、仕事を辞めようという選択肢が無くなる。

ただし、自分のゴール設定は周りからの価値観などに影響されたものではダメで、自分が本当にこうしたいという強い思いを持った部分を設定しよう。

ゴール設定の大きさは、特には関係なく、あくまで今の自分の外側+本当の気持ちというところがポイント。

外的要因である環境の力

英語があまり話せなくても、アメリカに行きたい。

そんな思いがあったとしたら、まずは行ってみるのが良い。

行ってみて本当に良いと思ったら、留学なりワーキングホリデーなりで渡米して、英語を話す環境が当たり前になって、現地の友達なんかも増える。

今の仕事が続かない理由って、条件で選んでない? 条件は、感情を動かさない。

だからこそ、自分が本当にやりたいことを定め、その環境に飛び込んでみれば、自動的に仕事をする環境になる。

あ、これ本当にやりたいことではなかったと気づいた場合は辞めればいい。

まとめ

本当の意味で、幸せに仕事が続く仕事が続く仕事とは、自分の感情に正直になること。

それに、自分の感情を活かせる適切な場を選び取ることが重要。 これが、幸せに働くことのできる仕事の選び方でした。

オンラインコミュニティ「いきかた設計室」

え、本当にそんな人生でいいの?

この文字って、人生に不満がある人にしか目に止まらないらしい。完全に今の生き方に満足し切っているのなら目には止まらない。つまり、この文章を読んでいる時点であなたは間違いなく「本当の自分の生き方」を無意識に模索しています。これは断言できます。

 

でも大丈夫。ほとんどの人は不満を持ちつつも変える努力は一切できません。この辺りでブラウザバックをして明日もいつも通り不満だらけの人生を送ります。行動を起こせることって思っている以上にすごい才能なんです。だから、あなただけでも人生を変える一歩を踏み出してみませんか?

 

「人生を変えるって、実際何をするの?」

導入から怪しさ満載の文言になってしまいましたが、もし、ここまで読んでくれたなら詳しくは下のリンクに書いてあります。今後のあなたの人生が変わる、そのきっかけが今かもしれません。重ね重ね言いますが、「直感」で違うと思ったらブラウザバックしてこの事は忘れてください。

 

おすすめの記事