頭、良くなりたいですよね。正確に言えば、よく見られたいですよね。

複雑な問題を解けるようになりたいのでしょうか?正直そういった高度な演算能力は普通の社会人には要らないですよね。

で、本当は頭が良くなりたいんじゃなくて、頭がよく見られたいんですよね?

しかも簡単に。楽をして。今日は頭が一瞬で良く見られる方法を伝えます。社会人必見。

(おまけでホントに頭が良くなる方法も書いてます)

明日からできる頭が良くみえる方法

社会人の頭をよくする方法、それは

 

人の話をよく聞き、新情報(相手の利益)を与えること。

 

相手の土俵で相手の言いたいことをよく聞いた上で、相手にとって利になることを与える。すると、相手は刺激を受けて「あの人は頭がいい。分かってる。面白い」という評価になります。ただし相手の話を捉えていないと自分の話は届かないので、まずは話の腰を折らずに最後まで聞いて、相手の主張や意図を掴みましょう。

 

シンプルすぎて、もう伝えることが終わってしまいましたね。笑

おまけ「ホントに頭が良くなる方法」

簡単ではありませんが、頭がよくなる方法はあります。それは言葉の定義を明らかにすることです。

例えば、「右」を説明してください。あるいは「機械」を説明してください。抽象概念説明トレーニングを行うと頭が良くなります。

言葉の定義が曖昧な人の論理はまさに砂上の楼閣で、揺らせば簡単に崩すことができます。

言葉の定義を明らかにすることで、健全な論理力が身に付き、相手の主張を論破することができますし、鉄壁の論理武装することもできます。

 

オンラインコミュニティ「いきかた設計室」

え、本当にそんな人生でいいの?

この文字って、人生に不満がある人にしか目に止まらないらしい。完全に今の生き方に満足し切っているのなら目には止まらない。つまり、この文章を読んでいる時点であなたは間違いなく「本当の自分の生き方」を無意識に模索しています。これは断言できます。

 

でも大丈夫。ほとんどの人は不満を持ちつつも変える努力は一切できません。この辺りでブラウザバックをして明日もいつも通り不満だらけの人生を送ります。行動を起こせることって思っている以上にすごい才能なんです。だから、あなただけでも人生を変える一歩を踏み出してみませんか?

 

「人生を変えるって、実際何をするの?」

導入から怪しさ満載の文言になってしまいましたが、もし、ここまで読んでくれたなら詳しくは下のリンクに書いてあります。今後のあなたの人生が変わる、そのきっかけが今かもしれません。重ね重ね言いますが、「直感」で違うと思ったらブラウザバックしてこの事は忘れてください。

 

おすすめの記事