サラリーマンを辞めてしばらく経ったとき、友人から「実はサラリーマンをしていたとき、georgeの顔がしんどそうだったよ」と、あとで言われたことがある。

自分では大丈夫だと思っていたけど、実はストレスが溜まっていた、ということがあった。

サラリーマンでも、仕事内容によっては色々と楽しいこともあったが当然苦労があったし、独立した今でも楽しい事ばかりだけでなく、嫌なことも当然ある。

でも、サラリーマン時代と、独立を果たした今の自分とを比べると、精神的なストレスはほぼ0と言ってもいいだろう。

今、辛い仕事を続けている方に贈るメッセージを書きたいと思う。

苦手なことと嫌いことの違い

何でもかんでも辛いことがあったら仕事を辞めたらいいというお話ではないので、注意して欲しい。

まずは、苦手なことと、嫌いなことの違いを分類してみて、自分がどちらかを分析して欲しい。

苦手なこと

苦手なことを考えたときに、あまり経験の無いことでカテゴライズしているケースが数多くある。

でも、こんな経験ないだろうか?

昔、苦手と思っていたカラオケが、友達や会社の付き合いで歌っていく中で好きになった。

これは、歌を歌うということに対して慣れていなかった、情報を入れていなかったということ。

なので、自分の経験を積むことで慣れていき、盛り上がった曲でみんなが楽しそうにしていた、歌が上手いね、などを言われたことなどで、歌うことが好きになったという事例だろう。

重要なのは、過去の自分と、今の自分は変化するということ。

だから、自分の経験がないからと苦手分野だったとしても、経験してみると良いかも?好きかも?と価値観が変わる。

嫌いなこと

嫌いなことは、本当に嫌いなことで、「生理的に無理」というもの。

やっていて、本当に無理と思うことで、ストレスの負荷が大きく人生の運気を下げるようなレベルのこと。

ハリーポッターは、魔法という自分の才能のあった分野の選択をしたので超大作になったが、剣の道を選択していれば、ジャンプ打ち切りマンガのような終わり方をしていただろう。

この分野にぶち当たったときは、無理に取り組むよりは、人に振ってしまおう。

人は誰しもそのようなものを持っているし、本当に無理なものは無理である。

嫌いなら続けない

「苦手」と「嫌い」違いを理解できたら、自分の今の仕事ってどうだろう?と考えてみて欲しい。

苦手分野かも?と思ったら、実はその中にチャンスが埋まっていることが多い。

自分が苦手なことは、多くの人はあまりやりたがらないような事だったりする。

だから、その中のチャンスという宝物は、まだ取りつくされていなかったりする。

逆に、好きばっかりをやっていると、そのうちレッドオーシャンになってしまう可能性が高い。

嫌いな分野かも?と思ったら、さっさとそんな仕事は辞めてしまおう。

仕事なんていくらでもあるし、そこに縛られる必要は全くない。

嫌いは仕事は、自分にとっても会社にとっても社会にとっても非効率なもの。

自分の将来の在り方を設定しよう

仕事を辞めて、次の道の選択をする前に、自分の軸となる在り方を設定しよう。

多くの人は、仕事を条件で選ぶ。

それは悪い事ではないが、条件で選べば条件で選ばれてしまう。

ニーチェでそんな名言があった。

深淵を覗き込むとき、深淵もまたお前を覗き込む」だったか。

じゃあ、何で選ぶかというと、自分が人生においてどうなりたいのか?

ちゃんと軸を置いて仕事を選ぶと良い。

恋愛や結婚で、条件だけで選ばないように、仕事にも自分の未来の在り方と仕事において相性がある。

自分の未来の在り方を、実現するような仕事だと、目の前の多少の条件が変わったり、多少の困難があっても、楽しめるようになる。

それは、苦痛な作業がゲームのレベル上げをするかのごとく。

オンラインコミュニティ「いきかた設計室」

え、本当にそんな人生でいいの?

この文字って、人生に不満がある人にしか目に止まらないらしい。完全に今の生き方に満足し切っているのなら目には止まらない。つまり、この文章を読んでいる時点であなたは間違いなく「本当の自分の生き方」を無意識に模索しています。これは断言できます。

 

でも大丈夫。ほとんどの人は不満を持ちつつも変える努力は一切できません。この辺りでブラウザバックをして明日もいつも通り不満だらけの人生を送ります。行動を起こせることって思っている以上にすごい才能なんです。だから、あなただけでも人生を変える一歩を踏み出してみませんか?

 

「人生を変えるって、実際何をするの?」

導入から怪しさ満載の文言になってしまいましたが、もし、ここまで読んでくれたなら詳しくは下のリンクに書いてあります。今後のあなたの人生が変わる、そのきっかけが今かもしれません。重ね重ね言いますが、「直感」で違うと思ったらブラウザバックしてこの事は忘れてください。

 

おすすめの記事