人と違う生き方、自分だけの誇れるような生き方をしてみたいと思っていた。けれどみんなが向いてる方向に乗っかっていったら、どこかで聞いたことがあるような、自分じゃなくてもいいような生き方をしてしまった。なんてことを思っている方に向けて書きました。

今書いたことは実は僕が新卒入社したその日に思ったことでした。で、5ヶ月後に辞めてます。人生の選択権を限りなく持ちたい。自由を謳歌したい。当時自分の周りにそれを実現した人はいなかったけれど、理想を現実にすることこそ、人生の醍醐味ではないかと思って試行錯誤を重ねました。結果、紆余曲折はありましたが、今では描いた通りの生き方をしております。

イワシのように群の流れの中に従って生きるのか、それともシャチのように個の実力を高め、連携して狩りを行い生きていくのか。生き方によって頭の使い方が違います。

マジョリティが幸せな時代なら、大多数に従うほうがいいが...

大多数の人が幸せな時代、国ならば、マジョリティの価値観に従ったほうが幸せになる確率は上がるでしょう。しかし、もしそうではないなら、多くの人が取らない選択肢を「選び続けること」が大切です。

選び続けること、と表現しましたが、一度マイノリティセレクトしたところで、あとの行動がマジョリティのそれと同じだと、悲惨な結果になるかもしれません。脱サラして起業する選択は今の時代においてはまだマイノリティでしょうが、その後の選択の仕方がマジョリティのそれと同じであれば、一度群から離脱したイワシが、気づいたら群の最後尾にいるようなものです。

よくビジネスではマインドセットが大事だという話があるのは、このためですね。自分の生き方を追求しようと思ったら、まずはイワシマインドを変えなくてはならない。

まずは常識を疑い、言い訳をしない生き方をしよう

イワシマインドを変えたいと思ったら、まずは「常識を疑うこと」。なぜなら常識は大衆が作ったものであるから。世間で良しとされているものが本当に良いものかを考えるということ。イワシの生き方にとっては益するものでも、シャチの生き方では害になることがある。イワシにとったらそりゃ、その考え方のほうが楽だしいいよね、というもの。

例えば、お金がないからチャレンジできません、田舎に住んでるので無理です、家庭環境が悪かったので何やってもダメなんです、時間がないからできません。事情に振り回されている自分でいるなら、今まで通り、大きな流れに身を任せた生き方を続けたほうがいい。飛び出しても喰われるだけだから。

事情に振り回されない「言い訳をしない習慣」を身に着けることです。この人生、すべての責任は自分にあると思えるかどうか。 言い訳をしてしまうのはイワシの頭です。この言葉の根源にあるのは、「この忙しさを招いているのは、私のせいじゃない」という我が人生に対する責任放棄と、「誰が自分を幸せにしてくれるだろう」という依存心の裏返しです。

自分で人生を創るという思いがあれば、仮にイレギュラーで忙しくなっても回るように、先手を打っておくことができたはず、という思考ができるはずです。

心の在り方に忠実であり続けること

自由自在に生きるには大衆の流れに迎合せず、逆に流れを生み出したり活用したりする側に回ること。そのためには心に忠実であり続けることができるか。その心も、外部に干渉されていない自分の在り方に忠実であるか。

在り方とは、ちょっとズレますが「価値観」のようなものだと思ってくれたらいいです。英語にすると「Being」。どういう心の在り方で世界と向き合うかを予め決めておくこと。すると、世間にとって良いと考えられているものが、自分にとっては良くないということが分かるはずです。

周囲に流されない天邪鬼トレーニング

天邪鬼トレーニングを紹介します。世論とは真逆の意見を常に考え続けるということを習慣にするトレーニングです。SNSでは大多数が支持されるものは、シェアされていきますが、それを真逆の意見を持っておくことで、思考の域を広げましょう。

例えば、Twitterでブラック企業批判があったとしましょう。これだけ働かせても、給料上げずに、どういうことやねん!という趣旨のものを見たとしましょう。そのときに、「被害者意識を持つのやめて、嫌なら辞めて、自分が思う理想の環境を探すか、自分で作ればいいじゃん。いい大人なんだから」っていう立場を持っておくとか。(それをわざわざ表明する必要はないですよ。)

ひとまずは自由自在に自分の意見を持てる状態を創れたらOKです。

オンラインコミュニティ「いきかた設計室」

え、本当にそんな人生でいいの?

この文字って、人生に不満がある人にしか目に止まらないらしい。完全に今の生き方に満足し切っているのなら目には止まらない。つまり、この文章を読んでいる時点であなたは間違いなく「本当の自分の生き方」を無意識に模索しています。これは断言できます。

 

でも大丈夫。ほとんどの人は不満を持ちつつも変える努力は一切できません。この辺りでブラウザバックをして明日もいつも通り不満だらけの人生を送ります。行動を起こせることって思っている以上にすごい才能なんです。だから、あなただけでも人生を変える一歩を踏み出してみませんか?

 

「人生を変えるって、実際何をするの?」

導入から怪しさ満載の文言になってしまいましたが、もし、ここまで読んでくれたなら詳しくは下のリンクに書いてあります。今後のあなたの人生が変わる、そのきっかけが今かもしれません。重ね重ね言いますが、「直感」で違うと思ったらブラウザバックしてこの事は忘れてください。

 

おすすめの記事