学生の頃が一番楽しかったという方は結構いるかと思います。

学校って、毎日合コンみたいなもんだよね。年に一回新たな出会いが用意されているなんて、すごいシステムだなぁ。。。

出会いの他にも、打ち込むものも用意されていてさ(体育祭とか文化祭とか)。

全く同じことはできなくても、大人になっても青春を取り戻す方法を考察してみました。

要するに、青春の要素を抽出して、それを再現すればよいわけだ。

青春とは人生のある時期ではなく、 心の持ち方を言う

まずは青春を定義してみましょう。面白い記事があったので引用します。

サミュエル・ウルマン(1840年~1924年)は、ドイツ出身のアメリカの詩人。
【青春とは人生のある時期ではなく、心の持ち方を言う】は、サミュエル・ウルマンの「青春」という詩の冒頭の文章です。
長い詩ですが、全文掲載します。岡田義夫さんの訳詩です。

青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心
安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ

年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる
歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ
苦悶や、狐疑、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、
精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう
年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か

曰く「驚異えの愛慕心」空にひらめく星晨、その輝きにも似たる
事物や思想の対する欽迎、事に處する剛毅な挑戦、小児の如く
求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。

人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる
人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる
希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大そして
偉力と霊感を受ける限り、人の若さは失われない
これらの霊感が絶え、悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、
皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至ればこの時にこそ
人は全くに老いて神の憐れみを乞う他はなくなる

簡単にまとめると

青春とは「理想に向かって全力投球する心の姿勢」である。

理想に向かって全力投球するために必要な要素

定義がわかったので、その定義が達成できるための要素を上げると

青春の2大要素

①理想とそれを達成するための目標があること。

②仲間がいること。

この2つが最低限ある必要がありますね。あとは願わくば異性の存在ね!

そう考えると、うちでやってるオンラインコミュニティがまさに青春を取り戻す場所じゃないか。

 

オンラインコミュニティ「いきかた設計室」

え、本当にそんな人生でいいの?

この文字って、人生に不満がある人にしか目に止まらないらしい。完全に今の生き方に満足し切っているのなら目には止まらない。つまり、この文章を読んでいる時点であなたは間違いなく「本当の自分の生き方」を無意識に模索しています。これは断言できます。

 

でも大丈夫。ほとんどの人は不満を持ちつつも変える努力は一切できません。この辺りでブラウザバックをして明日もいつも通り不満だらけの人生を送ります。行動を起こせることって思っている以上にすごい才能なんです。だから、あなただけでも人生を変える一歩を踏み出してみませんか?

 

「人生を変えるって、実際何をするの?」

導入から怪しさ満載の文言になってしまいましたが、もし、ここまで読んでくれたなら詳しくは下のリンクに書いてあります。今後のあなたの人生が変わる、そのきっかけが今かもしれません。重ね重ね言いますが、「直感」で違うと思ったらブラウザバックしてこの事は忘れてください。

 

おすすめの記事