こちらでは正社員の話を書いた。

では、世の中全てが正社員なのかといわれるとそうではない。

正社員以外の働き方にはどんなものがあるのか?

ざっくりいうと、フリーター、自営業(フリーランサー)、会社経営者、オーナー。

正社員にもそれぞれ特徴があったように、正社員以外の働き方でも特徴がある。

特に、こちらの働き方は正社員以上に格差が大きいので、注意して欲しい。

フリーター

パートタイム労働者(アルバイト・パート)

アルバイト・パートと呼ばれるような働き方。

法律的には、どちらも同じ区分だけど、会社によって年齢や性別・で使い分けているところも多い。

重要なのは、この働き方を本業でするのは厳しい部分があるが、一時的な所得や副収入的な所得としての使いどころは非常に良い。

経営者でも、本業が上手く行かないときに睡眠時間を削ってアルバイトで稼いだという話はたまに聞く。

派遣社員

派遣社員にも一般派遣と特定派遣がある。

一般派遣

一般的に、あまり世間のイメージが良くないのが一般派遣。

かといって、必要最低限の生活費は稼げるものが多く、業務の責任や求められる範囲は正社員に比べ少ないのが特徴。

中には営業職などはインセンティブなどで高級な報酬を得ることのできるものもある。

特定派遣

特定派遣は一般派遣よりも歴史が古く、専門職やプロフェッショナルの方が正社員の責任には縛られたくないという働き方で高級取りも多い。

ただ、今後の時代を考えていくと、自分の専門分野が衰退業界なのかどうかがポイント。

一般派遣も特定派遣も、今後の時代の流れを読んでいく必要があり、あまり長期的に考えない方がいい働き方。

契約社員

比較的、派遣社員と似た感じで幅が広い働き方で正社員より責任は少ないが、派遣社員とは違い契約が直接雇用となる点が大きく違う。

そのため、自分が申し出た待遇の要求などが素早く反映されたり、逆に会社からの交渉もあったりする。

正社員ほど、法律に守られている訳ではないので、あまり長期的に考えない方がいい働き方。

自営業(フリーランサー)

自営業と会社経営者との区別は、法人登記をしているかどうか。

勘違いしやすいのが、自営業でも従業員は雇えるし、会社経営者でも従業員なしの会社もある。

また、税制上比較的小規模での活動が多く、個人事業主での活動の規模が大きくなれば法人化する方が得な場合がある。

責任や報酬は全て自分になるので、報酬や経費の裁量も自分の思い通り。

ただ、自分の生活費と事業用の資金は分けることをおススメ。

どんな業界でも、ずっと同じやり方で通用する訳ではないが、どんな事業を行うかもどんな環境を作るかも自分次第。

人によるが、比較的ストレスの少ない働き方。

会社経営者

全てが自分の自由である自営業とは違い、法人という場が主役で自分はそこの参加者というイメージ。

Georgeが作った法人でも、George本人ではなく、株式会社○○という法人格が優先される。

法人を作ることは簡単になったが、税理士費用や税金などで約50万~の費用が掛かるので、ある程度の売り上げ規模になってから法人化する方が良い。

また、決算や社会保険、登記の手続きなどは、個人事業主に比べて手間や費用が掛かる場合がある。

法人を作ると、肩書きは代表取締役になるので、響きからカッコいいと思うが、クレジットカードなどの信販会社の信用度などは、大手サラリーマンの方が良かったりする場合もある。

ある程度、銀行との取引があり、担当者にとってプラスになるような法人だと、信用度が非常に高いこともある。

この辺りは会社規模や、継続年数で変わってくる。

オーナー

恐らく一番解らないのがこの働き方だと思うし、正直型にはまった働き方ではない。

イメージがしやすいのが、不動産オーナーや飲食店オーナーだろう。

その他にも、ビジネスオーナー(オーナー社長や会長)といわれるような方。

最近では、プラットフォームビジネスで、商品が勝手に売れていく仕組みを作った方もオーナーといえるだろう。

一つ、確実にいえるのは、価値を作り出し、その価値提供手段を自動化していることがオーナーという働き方になる。

多くの資産がない状態でオーナーになっている方は、魅力という要素がキーワードになっていることが多く、今後の時代を先取りする働き方だといえる。

オンラインコミュニティ「いきかた設計室」

え、本当にそんな人生でいいの?

この文字って、人生に不満がある人にしか目に止まらないらしい。完全に今の生き方に満足し切っているのなら目には止まらない。つまり、この文章を読んでいる時点であなたは間違いなく「本当の自分の生き方」を無意識に模索しています。これは断言できます。

 

でも大丈夫。ほとんどの人は不満を持ちつつも変える努力は一切できません。この辺りでブラウザバックをして明日もいつも通り不満だらけの人生を送ります。行動を起こせることって思っている以上にすごい才能なんです。だから、あなただけでも人生を変える一歩を踏み出してみませんか?

 

「人生を変えるって、実際何をするの?」

導入から怪しさ満載の文言になってしまいましたが、もし、ここまで読んでくれたなら詳しくは下のリンクに書いてあります。今後のあなたの人生が変わる、そのきっかけが今かもしれません。重ね重ね言いますが、「直感」で違うと思ったらブラウザバックしてこの事は忘れてください。

 

おすすめの記事