人は誰でも複数の人格を使い分けています。家族といるとき、友達といるとき、仕事しているとき、ネット上にいるとき等、場所によって最適な人格で自分の役を演じています。授業参観日で、親が学校の授業に来た時に「どんな顔していいか分からない」と感じたことがある人は、外用の人格と家用の人格に大きなギャップがあったのかもしれません。

仕事で活躍したい、稼ぎたい。それなのにうまくいかないのは、色んな要因があるでしょうが一言で言えば「できる人の人格」を持っていないからです。目的達成のためには、今の自分に固執しないことです。

大人物をインストールしよう

大人物で生きる。

僕はよく「最高の自分で生きよう」と助言することがありますが、願わくば、最高の自分よりも最高の人格「大人物」を設定すると良いです。今の自分が想像できる限界を超えてくれる人格で物事を判断し処すことによって、大きな成果をもたらすからです。

今までの自分と大人物の違いは、簡単に言えば「優先順位の違い」です。優先順位に差が出るのは「目的意識と未来への確信度」が違うからです。あなたに「明確な目的意識」と「そのビジョンを成し遂げる確信」を持つことができれば、願いは叶います。

ココナラの売上一位を取ったときも、結果が出てない頃から「売上一位になる」と先に決めて、一位になる人格で行動をしていました。未来を先に決めているから、何をすべきかが見えてくる。何をすべきかが思い浮かばないのは、決めきれていないからです。

大人物は経営の神様と呼ばれる松下幸之助でも、孫正義でも構いませんし、仏陀、あるいは小説や映画に出てくる登場人物でもいいでしょう。その人の頭の使い方をインストールした自分で行動を開始しましょう。

個性とは

個性とは

大人物の人格をインストールしても、真似しきれない部分が出てきます。その部分と大人物の人格が相まってあなただけの「個」が醸成されます。自分らしくあることは、小さな我を正当化させ続けることではありません。今の人格でうまくいかないのであれば、潔く手放してしまいましょう。例えば、人見知りというのはお酒のように「辞める」ことができます。

オンラインコミュニティ「いきかた設計室」

え、本当にそんな人生でいいの?

この文字って、人生に不満がある人にしか目に止まらないらしい。完全に今の生き方に満足し切っているのなら目には止まらない。つまり、この文章を読んでいる時点であなたは間違いなく「本当の自分の生き方」を無意識に模索しています。これは断言できます。

 

でも大丈夫。ほとんどの人は不満を持ちつつも変える努力は一切できません。この辺りでブラウザバックをして明日もいつも通り不満だらけの人生を送ります。行動を起こせることって思っている以上にすごい才能なんです。だから、あなただけでも人生を変える一歩を踏み出してみませんか?

 

「人生を変えるって、実際何をするの?」

導入から怪しさ満載の文言になってしまいましたが、もし、ここまで読んでくれたなら詳しくは下のリンクに書いてあります。今後のあなたの人生が変わる、そのきっかけが今かもしれません。重ね重ね言いますが、「直感」で違うと思ったらブラウザバックしてこの事は忘れてください。

 

おすすめの記事