家と学校の往復、家と会社の往復、そんな生活を送ってない?

自分のサラリーマン時代を思い出すと、そんな生活をしていたと思い出した。

その時代を知る友人に「そのときの顔はしんどそうだった」と言われたときは、結構ショックだった。

本人はそこまで深く思い詰めていなかったのだけどね。

でも、自覚症状が無いってことだから、結構ヤバいよね。

もしかしたら自分もヤバい?って思った人は読んで欲しい。

いい意味でも悪い意味でも人は人で変わることができる

 

 

自分が楽しいことを見つけようとしたとき、オフ会に出てみた。本当に色んな人が居たが、いまだに付き合いのある友人も居てる。

そんな友人とは、未来の話ができたり、尊敬する部分が多かった。

本当にヤバいやつ、それは、毎年同じ話をしているやつ。特にあの時は良かったと、過去のことを話してる場合。

次に愚痴や不満をずっと話し続けてる、現状のことを話してる場合。

こういう人たちは、自然と消えていった。

 

 

今、自分が楽しいことが見つからないというとき、人と会うことでその人の持つ価値観をインストールすることがある。

どうせなら、素敵な価値観をインストールしたいよね。

最初からレベルマックスのRPGって糞ゲーだよね、だからチャレンジが面白い

 

 

素敵な友人と出会ったなかで、一つ自分が決めたことがある。

それは、気の合う友人を作る、そしていずれはコミュニティーを作ろう、と決めた。

もちろん、その中には可愛い女の子も欲しいし、面白い男も欲しい。

凄いと思える人も集めたいし、気のいい人も良いな♪

こんな風に考えて、まずは自分と合うかどうか。どうやったら連絡先が交換できるか?相手へ魅力的に伝えるには?色々と考えて一定のコミュニティーを作った。

 

 

当時は女の子と連絡先を交換するなんて、出会い厨として掲示板で叩かれる対象だった。

そんなにメンタルの強くなかった自分は、如何に叩かれないように可愛い連絡先を交換するかで頭を使ったりした。

結果的に、あり得ない位の女の子と連絡先を交換したにも関わらず、叩かれたのは一回だけだった。

もちろん、失敗することもあったし、作ったコミュニティーの内部が荒れたこともあったが、失敗も成功も凄くエキサイティングだったし、その経験は今でも自分の中で息づいている。

ハチャメチャが押し寄せてくると面白い

 

 

休みの日に、常に同じことの繰り返しは苦痛でしかない。

現実に、就職後に平日休みになり、それまでの友人と会うこともなくなり、ホント休みが面白くなかった。

それが、オフ会というもので新しく人と気軽に出会えると知ったときのショックったらなかった。

 

 

新しい友人を作って、コミュニティーを作ってしてると、これまでに経験がなかったことも、数多く経験した。

比較的、それまで大人数で動くのが苦手だった自分が、企画で京都へ行ったり、公共施設の料理部屋を借りて料理会をしたり、お店を借り切ってのイベントをしたり。

恋愛でごちゃごちゃあったり(笑)

細かいことを挙げていくと、自らが進んで経験してなかっただろうということも数多くあった。

こうした生活の中で、良い経験も失敗した経験=ハチャメチャが非連続性を生み出し、人生に彩りを与えてくれた。

結局人生面白くない人はこうしたらいい

 

 

面白くないって言ってる人は、色々な人に会いに行けばいい。

オフ会やパーティー、交流会、勉強会なんて探せばいくらでも見つかる。

そんな中でポイントは、自分と合う素敵な人に出会うということ。

①色々と人と会って、価値観をインストール

②小さなことからチャレンジしてみる

③生活に非連続性を生み出す

このサイクルを生み出していけば、人生飽きることがないだろう。

オンラインコミュニティ「いきかた設計室」

え、本当にそんな人生でいいの?

この文字って、人生に不満がある人にしか目に止まらないらしい。完全に今の生き方に満足し切っているのなら目には止まらない。つまり、この文章を読んでいる時点であなたは間違いなく「本当の自分の生き方」を無意識に模索しています。これは断言できます。

 

でも大丈夫。ほとんどの人は不満を持ちつつも変える努力は一切できません。この辺りでブラウザバックをして明日もいつも通り不満だらけの人生を送ります。行動を起こせることって思っている以上にすごい才能なんです。だから、あなただけでも人生を変える一歩を踏み出してみませんか?

 

「人生を変えるって、実際何をするの?」

導入から怪しさ満載の文言になってしまいましたが、もし、ここまで読んでくれたなら詳しくは下のリンクに書いてあります。今後のあなたの人生が変わる、そのきっかけが今かもしれません。重ね重ね言いますが、「直感」で違うと思ったらブラウザバックしてこの事は忘れてください。

 

おすすめの記事